アフターピルについて勉強しよう!興味のある人は必見の避妊薬

アフターピルの注意点

緊急避妊薬であるアイピル(i-pill)を知らない方は多いと思いますが、モーニングアフターピルなら知っている人もいるかと思います。
この避妊薬を様々な理由で望んでいるのに避妊ができなかった時に服薬することによって妊娠を避けることが可能です。
このピルの有効成分である「レボノルゲストレル」は日本でも認可がおりており、ノルレボ錠として知られています。
アイピルは一切国内販売されていません。そのため入手するには個人輸入または輸入代行業者を仲介することになります。

この緊急避妊薬の服用は多量の女性ホルモン摂取になりますので、顕著な副作用が生起する可能性があります。
主な副作用としては頭痛や下腹部の痛み、不正出血などが挙げられます。
通常は上記の副作用は避妊薬の服用後、一両日中におさまりますが、副作用が悪化したり沈静しない場合には医師あるいは薬剤師に相談をする必要があります。
アフターピルの服用後には、消退出血という呼称の出血を生起することもあります。
消退出血はピルを服用した後2日から3週間の間に生起しますが、避妊薬の作用による出血なのでそこまで心配する必要はありません。服用した後ですぐに出血した場合に限り、不正出血であることも考えられますので次の生理まで様子を観察する必要があります。

また、服用の際には、肝障害がある場合、心疾患、腎疾患あるいは既往歴がある場合には症状の悪化が危惧されますので、医師に相談してから服用する必要があります。
ビタミンCの同時的な過剰摂取は副作用生起の可能性が高くなり、血栓症が生起する危険性も高まります。
血栓の危険は喫煙によって高められるので、35歳以上で一日にタバコを吸う量が15本を超える場合はピルの服用を控えることが推奨されます。とはいえ、やはりタバコは害しかもたらさないものですから吸わないことが一番です。

他の薬剤を服用中の場合も医師や薬剤師に相談をする必要があります。また、卵巣のホルモンバランスを崩してしまう危険性があるために、乳癌、子宮癌の事例でも相応しくありません。授乳中の場合には、乳汁に薬剤の成分が移行する可能性あるので、服用してから24時間以内の授乳を避ける必要があります。妊娠中の場合は絶対服用をしてはいけません。
ところで、緊急避妊とは希望しない妊娠を避けるために性交の後で緊急に行う措置です。ノルレボは緊急避妊のために用いられます。主要な作用として排卵が止まります。排卵しなければ受精の機会が減じ、妊娠をしません。