アフターピルについて勉強しよう!興味のある人は必見の避妊薬

不本意な妊娠と対処法

国内では毎年約30万件にも及ぶ、中絶の手術が行われております。ちなみに、日本では年間産まれる赤ちゃんは110万人とされている事から、かなりの数の不本意な妊娠が存在している事になります。中絶手術は女性の心と体に大きな負担になります。その為の知識や備えが必要となります。
コンドームが破損した、危険日で避妊をしなかった、強姦等による望まない膣内への射精等、不本意な妊娠を避ける為用いる避妊薬です。受精卵の着床を防ぐことが出来ます。アメリカでは広く認知されている方法です。通常コンドームを利用しているなら、いざという時の為、避妊薬を備えておくのが一つの避妊事故回避の方法ではないでしょうか。
但し、あくまで緊急避妊法であり、最終手段です。多角的な観点からは、女性の心身へ負担がかからない確実な避妊薬として、低用量ピルが人気となっております。

中でもアイピルは、モーニングアフターピルに分類される緊急の避妊薬で、性行為の後、24時間以内での服用で、約95%の確率で避妊が成功するという実証報告があります。
アイピルを服用する上で、注意すべき点としては、その服用時間となります。
通常1箱1錠で販売となっています。
重要なのは、性行後、早く服用すればする程、その効果が比例し、向上します。その逆もしかりで、服用する時間が遅くなればなる程、その効果は低下してしまいます。
その為、性行為後、24時間以内=95%~99%、24時間~3日以内(72時間)では=75%~80%と確率が低下していきます。
また、それ以降では、更に効果は薄まってしまう為、早い段階で服用をしなければ、アイピルの効果を最大限活かす事は出来なくなります。
アイピルは緊急の避妊薬(アフターピル)で、不本意な妊娠から女性の心と身体を守る薬です。
所謂【ピル】と呼ばれる経口の避妊薬やコンドームと比較するとその確率は大幅に低下します。あくまで、性行為の避妊に失敗した場合のみの緊急手段という事を理解した上で、十分な知識を身に着け、服用する事が重要になります。

アイピルの効果や服用方法の詳細を確認する